税務・会計用語集

税務会計でよく使われる言葉を説明します
会計
会計とは、企業の財政状況と経営成績を報告すること。
株主資本等変動計算書
株主資本等変動計算書とは、貸借対照表の純資産の変動状況を表す財務諸表のことです。主に、会社の利益を何に使ったのかを知ることができます。利益を何にどのくらい使うかは、株主と経営者が自由に決めることができるので、決算書を見ると株主や経営者の考えがよく分かります。
また、株主総会や取締役会の決議によって、剰余金の配当をいつでも決定でき、株主資本の係数をいつでも変動させることができるので、貸借対照表や損益計算書だけでは、資本金、準備資金及び剰余金等の数値の連続性を把握することが難しくなります。その為、すべての株式会社は貸借対照表や損益計算書に加え、株主資本等変動計算書を作成しなければならないことになっています。
株主資本等変動計算書に関する注記
1.当該事業年度の末日における発行済株式の数
2.当該事業年度の末日における自己株式の数
3.当該事業年度中に行った剰余金の配当に関する事項
4.当該事業年度の末日における当該株式会社が発行している新株予約権の目的となる当該株式会社の株式の数
製造原価報告書
製造原価報告書とは、製造業が当期間に製造した製品の製造原価を記入した計算書類のことで、財務書表の一つとして損益計算書の添付書類となるものです。材料費、労務費、経費がどれくらいかかって当期の製品を製造できたのかが分かるようになっています。財務諸表等規則において、損益計算書の添付書類としての作成は義務となっていますが、作成様式についての規定は特に規定がされていません。
製造原価報告書の目的
製造業は商品販売業と異なり、企業内部で製品を製造して販売するので、製造した製品原価の計算も行う必要があります。 この計算過程を示すために作成されるのが製造原価報告書となるのです。それらを確認しながら、当期の製品売上に対応する売上原価を算定することが大切になってきます。
損益計算書
損益計算書とは、一定期間における企業の経営成績をまとめた表のことです。費用、収益、それらを差し引きして出る利益の3つの項目が表記されており、会社が稼ぐためにかかった費用や、どのように稼いだのかが分かるようになっています。英語でProfit and Loss Statementと書くので、「P/L」と略します。
貸借対照表
貸借対照表とは、一定時期における企業の財政状態をまとめた表のことです。資産、負債、純資産の3つの項目が表記されており、その会社がどこからお金を集め、どのように使用したのかが分かるようになっています。英語でBalance Sheetと書くので、「B/S」と略します。
貸借対照表を作成する目的
貸借対照表は年度末に、株主へ会社にどのくらい資産や借金があるのかの財政状態を報告する為に作成をします。年度末以外にも、銀行からお金を借りる時や、納税の際にも作成します。
注記表
注記表とは、企業の貸借対照表や損益計算表の財務諸表についての情報の補足事項をまとめたものを指します。会社法では、計算書類の一つとして個別注記表を作成することが求められているので、注記事項については、個別注記表においてまとめて記載されることになります。
個別注記表とは
個別注記表とは、重要な会計方針に関する注記、貸借対照表に関する注記、損益計算書に関する注記など、各計算書類に記載されていた注記を1つの書面として一覧表示する計算書類です。公開会社か非公開会社かによって、注記が必要な項目が異なります。必要項目に関しては下記に記載の通りです。
1.公開会社 2.非公開会社
㈰重要な会計方針に係る事項に関する注記
会計方針の変更に関する注記
表示方法の変更に関する注記
誤謬の訂正に関する注記
貸借対照表に関する注記
損益計算書に関する注記
株主資本等変動計算書に関する注記
税効果会計に関する注記
リースにより使用する固定資産に関する注記
金融商品に関する注記
賃貸等不動産に関する注記
関連当事者との取引に関する注記
一株当たり情報に関する注記
重要な後発事象に関する注記
その他の注記
重要な会計方針に係る事項に関する注記
会計方針の変更に関する注記
表示方法の変更に関する注記
誤謬の訂正に関する注記
株主資本等変動計算書に関する注記
その他の注記
簿記
簿記とは、日々の取引を帳簿に記録して報告をする手段のことをさします。
簿記の最終的な目的
企業は、その活動を簿記によって帳簿に記録しますが、その記録した内容は貸借対照表と損益計算書の2つの書類にまとめられて、企業の財政状態と経営成績を報告することが最終的な目的になります。
1.簿記 日々やること 2.簿記 決算ですること
取引の発生
仕訳をする(各帳簿に記入する)
総勘定元帳に転記する
試算表を作成する
決算整理をする
貸借対照表、損益計算書を作成する
勘定を締め切る
事務所名 中森・荒井税理士法人
事務所所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル8階
(1階三井住友銀行)
アクセス JR 地下鉄 東武東上線 池袋駅より徒歩1分
西武池袋線 池袋駅より徒歩5分
TEL 03-3971-2360(大代表) 03-5957-1388(代表)
FAX 03-3971-2362(大代表) 03-5957-1389(代表)
お問合わせメールアドレス info@na-tax.jp