2022年07月25日

事業承継

事業承継の進め方

スムーズに事業承継を進めるためには、早期に準備に着手することが大切です。
まずは、事業承継に向けた準備の必要性を認識してスタートラインに立ちましょう。そして自社の経営状況や経営課題等を把握し、事業承継に向けた経営改善に取り組みます。
その後、親族内・従業員承継の場合には、後継者とともに事業承継計画を策定し事業承継の実行を行います。一方、社外への引継ぎの場合には、引継ぎ先(売却先)を選定するためのマッチングを経て、M&A等による事業承継の実行に至ります。親族や社員への継承は経営者教育の面で数年から10年のスパンで時間を要します。一方でM&Aは社外から経営者を派遣してもらうため短期間で実施可能です。しかし、M&Aの相手はすぐに見つかるとは限りません。また、より良い相手に良い条件で引き継ぐ上でも、計画的に、時間的余裕をもって取り組みましょう。

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。