2022年07月24日

控除一覧

配偶者特別控除とは

Ⅰ 年間の合計所得が48万円を超えるため配偶者控除が受けられないときでも、配偶者の所得に応じて一定の金額の控除が受けられる場合があります。

◆適用要件

1)控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下であること。

(2)配偶者が、次の要件すべてに当てはまること。
・民法の規定による配偶者である(内縁関係の人は該当しません)
・控除を受ける人と生計を一にしている
・その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないことまたは白色申告者の事業専従者でない
・年間の合計所得金額が48万円超133万円以下である

(3)配偶者が、配偶者特別控除を適用していないこと。(配偶者特別控除は夫婦の間で互いに受けることはできません。)

(4)配偶者が、給与所得者の扶養控除等申告書または従たる給与についての扶養控除等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)

(5)配偶者が、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。