2022年07月24日

控除一覧

配当控除とは

Ⅰ 剰余金の配当などの配当所得があるときには、一定の方法で計算した金額の税額控除を受けることができます。これを配当控除といいます。
配当控除を受けるためには、確定申告が必要です。その際には、この配当控除の額のほか、配当について源泉徴収された所得税の額が納付すべき税額の計算上控除されます。

通常、配当所得は20%源泉徴収されて受け取ることが多いです。課税される所得の合計に拠って税率が下がる方もいます。20%徴収されたものが確定申告で還付になります。
ただし、他の課税される所得の金額が多い方は逆に申告することによって徴収されてしまいます。源泉徴収されているのであれば申告しないことを選択することも可能な場合もあります。

課税される所得の金額が多い方で、売却損がある場合は配当控除をとるのではなく分離課税を選択し所得の損益通算した方がよいケースがあります。

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。