2022年07月21日

外国居住の日本人

非居住者の申告

外国に居住されている日本人は、その居住期間(または居住予定期間)が1年以上であれば、日本の所得税法上の「非居住者」に該当しますので、外国で得た給与などに対しては、日本の所得税は課税されません。ただし、日本国内で生じた下記の所得があるときは、日本で確定申告が必要になる場合があります。

①国内にある資産の運用または保有により生じる所得(源泉徴収されない取引)
保有する日本の法人の株式から生じた配当を得た場合など

②国内にある資産の譲渡により生じる所得
日本にある不動産を売却した場合など

③国内にある不動産等の貸付けにより受け取る対価(不動産所得)
日本にある不動産を他人に賃貸させた場合など

④国内における一時所得に該当する所得
日本で契約を行った生命保険の満期保険金を受け取った場合など

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。