2022年07月21日

確定申告

決算書の内容

Ⅰ 青色申告者は、事業所得・不動産所得・山林所得のいずれかに該当する所得が生じた場合、確定申告書と合わせて決算書を提出する必要があります。(白色申告者は、収支内訳書を確定申告書と一緒に提出します。)

その決算書の内容は、
①貸借対照表
②損益計算書
で構成されています。

①貸借対照表には1月1日時点と12月31日時点の「資産の金額」と「負債の金額」と「資本の金額」を記載し、一年間で手元資金や資産、負債がどれだけ増えたり、減ったりしたのかが確認出来ます。

②損益計算書には、1月1日~12月31日までに生じた売上・仕入や外注費・諸経費を記載して、その事業の所得金額を計算します。
これにより、その事業でどれだけの利益(もうけ)が生じたかが確認出来ます。

上記①と②をいきなり作ることは出来ず、日々の帳簿作成が出来て初めて完成します。
(もちろん、一年分をまとめて帳簿作成される方もいますが、苦戦される方が多いです)

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。