2022年07月25日

簿記・会計関連

製造原価報告書とは

Ⅰ 製造原価報告書とは、製造業が当期間に製造した製品の製造原価を記入した計算書類のことで、財務書表の一つとして損益計算書の添付書類となるものです。

材料費、労務費、経費がどれくらいかかって当期の製品を製造できたのかが分かるようになっています。財務諸表等規則において、損益計算書の添付書類としての作成は義務となっていますが、作成様式についての規定は特に規定がされていません。英語でCost Reportと書くので、「C/R」と略します。

Ⅱ 製造原価報告書の目的

製造業は商品販売業と異なり、企業内部で製品を製造して販売するので、製造した製品原価の計算も行う必要があります。 この計算過程を示すために作成されるのが製造原価報告書となるのです。
それらを確認しながら、当期の製品売上に対応する売上原価を算定することが大切になってきます。

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。