2022年07月24日

控除一覧

社会保険料控除とは

Ⅰ あなたや生計を一にする配偶者その他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額について所得控除を受けることができます。控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。

社会保険料の範囲
健康保険料、国民健康保険料(税)、国民年金保険料、国民年金基金の掛金、介護保険料、労働保険料など

※1 生計を一にする配偶者その他の親族が受け取る年金から引き落としされている国民健康保険料(税)や後期高齢者医療保険料、介護保険料は、あなたの控除の対象にはなりません。
なお、国民健康保険料(税)や後期高齢者医療保険料で、あなたが口座振替によりその保険料を支払った場合には、あなたの控除の対象となります。

※2 過去分(前年等)の国民年金保険料を本年中に支払った場合は、過去の年分のものであっても本年分の社会保険料控除の対象になります。

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。