2022年07月21日

M&A

M&Aとは

Ⅰ M&Aとは、企業の合併買収で、グローバル企業の買収以外にも中小企業でも事業承継問題で活用されています。

Ⅱ M&Aによる事業引継ぎ

親族や社内に後継者が見つからない場合は、M&Aにより社外に後継者を求めることになります。

Ⅲ M&Aの種類

1.株式譲渡、株式売却

企業の状態は、そのままでオーナーだけの変更を行う方法で、他の方法より簡単で、現オーナーの持株を現金化したい場合に向く方式です。会社の中身はそのままで、譲渡したい場合に活用します。

2.事業譲渡

事業の全部または一部を譲り受ける会社に売却する方法で、対外的な契約先や取引先との同意が必要な場合があり、手続きが煩雑となります。

3.合併、分割

合併は、譲渡する側の会社は消滅し、譲渡する側の全ての資産、負債、従業員等が引き継がれるため事前の手続きにかなりのコストと手間を要します。分割は、事業部門の全部、一部を分割した後に承継を行う方法です。事業譲渡と異なり、事業部門の簿外債務を引き継ぐデメリットもありますが、個々の債権債務の再契約が不要となるメリットがあります。

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。