2022年07月25日

簿記・会計関連

注記表とは

Ⅰ 注記表とは、企業の貸借対照表や損益計算表の財務諸表についての情報の補足事項をまとめたものを指します。

会社法では、計算書類の一つとして個別注記表を作成することが求められているので、注記事項については、個別注記表においてまとめて記載されることになります。

Ⅱ 個別注記表とは

個別注記表とは、重要な会計方針に関する注記、貸借対照表に関する注記、損益計算書に関する注記など、各計算書類に記載されていた注記を1つの書面として一覧表示する計算書類です。

公開会社か非公開会社かによって、注記が必要な項目が異なります。
非公開会社の必要項目に関しては下記に記載の通りです。

①重要な会計方針に係る事項に関する注記
②会計方針の変更に関する注記
③表示方法の変更に関する注記
④誤謬の訂正に関する注記
⑤株主資本等変動計算書に関する注記
⑥その他の注記

この記事に関するサービス

お問い合わせ

サービスのご利用についてのご相談や
お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

0120-35-1388

受付時間 09:00~17:00(月~金)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話やメール、当サイトのフォームを利用した当社への売り込みの一切をお断りしております。