信託とは

信託の分類
1.商事信託
貸付信託、リートなどの証券化のための信託、信託銀行が扱う土地等の運用信託
2.民事信託
民事信託とは、銀行が受託者となる商事信託等以外の信託で、受託者は個人でも法人でも誰でもなれます。 平成19年9月に成立した新しい信託法に基づく制度です。 遺言や成年後見人制度を補完する制度しても注目を集めています。
民事信託活用のメリット
1.成年後見制度の補完
委託者の判断能力が喪失しても信託設定時の委託者の意思に基づいて受託者によって信託財産の管理、処分が可能

2.遺言
遺言の場合は、一世代までの承継先しか指定できませんが、信託の場合は、何世代にもわたって柔軟に承継先を指定することが可能

3.不動産の管理処分の統一
不動産に信託を設定することで、将来発生する相続において不動産の所有権共有化を防ぐ

4.倒産隔離機能
信託財産は、委託者固有の財産とは隔離されますので、委託者の差押さえ等のリスクを無くすことが可能

民事信託のデメリット
1.民事信託は受託者の選択で揉めることが多い

2.遺留分減殺請求の対象となるかどうか判例が確定していない

3.適切な身上監護が成年後見人でなければできないこともある
事務所名 中森・荒井税理士法人
事務所所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル8階
(1階三井住友銀行)
アクセス JR 地下鉄 東武東上線 池袋駅より徒歩1分
西武池袋線 池袋駅より徒歩5分
TEL 03-3971-2360(大代表) 03-5957-1388(代表)
FAX 03-3971-2362(大代表) 03-5957-1389(代表)
お問合わせメールアドレス info@na-tax.jp