M&Aとは

M&Aによる事業引継ぎ
親族や社内に後継者が見つからない場合は、M&Aにより社外に後継者を求める。
M&Aの種類
1.株式譲渡、株式売却
企業の状態は、そのままでオーナーだけの変更を行う方法。他の方法より簡単で、現オーナーの持株を現金化したい場合に向く方式です。会社の中身はそのままで、譲渡したい場合に活用します。
2.事業譲渡
事業の全部または一部を譲り受ける会社に売却する方法で、対外的な契約先や取引先との同意が必要な場合があり、手続きが煩雑となります。
3.合併、分割
合併は、譲渡する側の会社は消滅し、譲渡する側の全ての資産、負債、従業員等が引き継がれるため事前の手続きにかなりのコストと手間を要します。分割は、事業部門の全部、一部を分割した後に承継を行う方法です。事業譲渡と異なり、事業部門の簿外債務を引き継ぐデメリットもあるが、個々の債権債務の再契約や、許認可の引き継ぎのが不要であります。
事務所名 中森・荒井税理士法人
事務所所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル8階
(1階三井住友銀行)
アクセス JR 地下鉄 東武東上線 池袋駅より徒歩1分
西武池袋線 池袋駅より徒歩5分
TEL 03-3971-2360(大代表) 03-5957-1388(代表)
FAX 03-3971-2362(大代表) 03-5957-1389(代表)
お問合わせメールアドレス info@na-tax.jp