スタッフブログ

フェイスオフ(日本の顔が替わるとき)

 いよいよ自民党総裁(内閣総理大臣)レースが始まります。焦点が定まらず官僚原稿を棒読みするだけの菅首相、幹事長時代は眼光鋭く強引であったのに… その器ではなかったのでしょう。「首相にふさわしい人」の世論調査1位の河野太郎氏、党方針に逆らい反原発を唱えながら、持論を封印して大臣就任の道を選ぶその変節体質は、他の候補者と同じです。候補者は皆、小物感満載で不安になります。首相に今求められているのは、コロナ禍の出口を国民に示すリーダーシップと発信力です。誰が選ばれたとしても良い方向へ変節してほしいものです。 再見                              大堀