スタッフブログ

運動不足

日本人はもともと運動不足気味

日本では死亡につながる危険因子として、運動不足は第3位に挙げられ、その死亡数5万2,200人は高血糖や塩分のとり過ぎよりも上位になっていると報告されています。

運動不足をみる指標としては、1日の歩数がよく取り上げられます。「健康日本21(第二次)」では、日常生活での歩数の目標は20~64歳の男性で9,000歩、女性で8,500歩としています。しかし、現状を直近の統計でみると男性は約6,800歩、女性は約5,900歩と目標には遠く及びません。

日本人はもともとが運動不足気味なのに加え、コロナ禍による活動制限と運動不足の長期化で、体重増加や体力の低下、ストレスの蓄積、体調不良などの悪影響がすべての年齢層で懸念されています。

健康づくりのためには、毎日積極的に歩き、体を動かすことが重要ですが、通勤時には、できるだけエスカレーターやエレベーターを使わず階段の利用を心掛けすれば、エネルギー消費量は格段に増えるとのことです。

息が弾み汗をかく程度の運動を毎週行うことも勧められていますが、家事など日常生活での活動の重要性も指摘されています。肥満者は非肥満者に比べて、立って体を使ったり歩いたりする時間が1日平均で150分も少なかったという報告があるそうなので、なるべく座った状態でいることを減らして、できるだけ普段から体を動かす努力をしたいと思います。

M