スタッフブログ

パラリンピック総括

何かと物議をかもしたパラリンピックも、無事閉会しました。
東京で行われているという事で、今までの大会より、
随分テレビ観戦の時間が、増えました。

開会式・閉会式もテーマがわかりやすく、一貫性があって好感がもてました。
マラソンの道下さんの笑顔も素敵でした。
木村敬一さんの念願の金メダルも、うれしかったです。
スポーツとして、一番面白いと思ったのは、車いすバスケです。
予選リーグ、決勝トーナメントとほぼテレビで生中継されていたので、
ご覧になった方も多いと思いますが、
ボールのないところでの攻防、倒れてからの素早いリカバリー、
上半身だけで打っているとは思えないパワフルなシュート、
リードされても諦めない展開
ゲームとして、すごく楽しましてもらいました。
残念ながら、銀メダルではありましたが、
このリベンジは、3年後のパリで成し遂げてくれることを
期待したいと思います。

H

オンライン授業

我が家の小1、中1の子供達も夏休みが終わり、9月から新学期がスタートしました。

自治体によって対応もまちまちで、我が子の通う学校はどうなるのか不安でしたが、直前に小・中学校共に、オンライン授業が決まりました。(小学1年生のみ2クラスを4クラスに分けての対面授業です。)家庭での対応が難しければ、学校で教員見守りの下、オンライン授業を受けることもできます。逆に1年生で登校を控えたい場合、授業によっては家庭でオンライン授業を受けることもできる様です。


中学生のオンライン授業、どのような感じなのかというと、Google Meetを使い、先生は黒板を使わず、資料を画面に映して説明していたそうです。生徒は、発言する時以外はマイクをオフにして、発言したい時は挙手ボタンを押して知らせるそうです。また、先生をピンどめしてスポットライトに設定し、画面いっぱいに先生を映したり、逆に皆を映す設定へ切り替えも各自で行うとのこと。いろいろ気になるので少し覗きたかったのですが、絶対部屋に入っこないでね、と娘に釘をさされたのでプリントに書いてあったことや娘から聞いた話しです。


ちなみに給食は、希望者はその時間だけ登校し分散して食べることができます。様々な考えの保護者や家庭の事情にきめ細かく対応して頂き本当にありがたいです。

緊急事態宣言下の9月10日までの対応ですが、今後もどうなるかまだまだ分からない状況です。長期間となると勉強の定着等不安もあります。とにかく早くこの感染状況落ち着いて欲しいです。
m.f

ドット絵

現代のテレビゲームのきれいな映像を、昔ながら描きのドット絵で見たいと思ったのがキッカケで描き始めました。

普通のペイントツールにある加工機能が使えないため、ドット絵特有のギザギザ部分を滑らかに表現するのも1つ1つ手描きになります。
線を1本描く、色を1つ塗るだけでも大変ですが、とてもやり甲斐のある趣味だと思っています。

今年中にはドット絵で自画像を完成させようと思います。

Y.S

5行日記

3-4年ほど前から、細々と日記を書き続けています。

平日だと毎日は書けないので、数日分まとめて書くことが多いです。

(そのため思い出して書ける日付と書けない日付があり、これまで記録がまばらでした。)

 

先日、Instagramの広告記事で「5行日記」というものを見かけて面白かったので、

最近はその方法を真似して書いています。

 

5行に書くことは、以下の内容です。

①天気

②服装

③食べたもの

④何をしたか

⑤一日の感想

 

これらを書く習慣をつけると、以下のような効果が期待できるそうです。

1.記憶力の向上

2.自律神経を整える

 

7月半ばにこの書き方に変えてから昨日まで、

1日も空欄ができず、早速1.の効果を実感できました。

 

私は②服装 を覚えていることが多いようで、

「外出だったから、歩きやすいヒールを履いていてよかった」

「あの服装は、雨の日には向いていなかった」

など関連する天気・出来事までをスムーズに思い出すことができ、それもまた面白いです。

 

何となく1日が終わってしまい、不完全燃焼な気がしても、

日記を書くと「意外と今日、頑張ったかも」と前向きになれたりします。

 

2.はまだ思ったように効果が出ませんが、

季節の変化や雨天時に私はいつも体調が悪くなってしまうので、

効果が出ることを期待して今後も長く続けようと思います。

 

本田

タイ料理

私は以前、家族の仕事でタイに滞在していました。

帰国してから、だいぶ時間が経っていますが、その時のことを記したいと思います。

語学があまり得意ではないので、代わりに現地の文化を学ぶ手段として、タイ料理を習っていました。

日本ではタイ料理が苦手で、食べることができなかったのですが、現地で食べると食材が新鮮だからか、先生のレシピがよくできているからか、食べられるようになりました。

さて、日本で人気のメニューは、グリーンカレーとガパオライスでしょうか。

タイ料理

グリーンカレーの材料はこんな感じです。日本で手に入りにくいものもありますね。手前の青色の柄のお皿に乗っているのはカレーペーストの材料です。

タイ料理

みじん切りにした材料を、石臼のような道具ですりつぶします。なので、現地でも家庭でカレーを作るときは、市販のペーストを使って作ることが多いようです。

カレーを作る時のポイントはたった一つだけで、これぐらいのココナッツミルクに、スプーン2杯ぐらいのペーストを入れてよく炒めてください。

タイ料理

これだけで、辛いけどまろやかな仕上がりになります。

夏の終わりにぜひタイ料理を作ってみてくださいね! Y.S