贈与税FAQ

Ⅰ 贈与税の配偶者控除
Q.私たち夫婦(婚姻期間21年)は、分譲マンションの購入を検討しています。購入にあたり、妻に購入資金の一部を贈与し、2人の名義で購入しようと考えていますが、夫婦間の住宅購入のための贈与については、何か特例があるのでしょうか?
夫婦の婚姻期間が20年以上であれば、住宅取得資金の贈与について「贈与税の配偶者控除」の特例の適用を受けることにより、2110万円までは贈与税が発生せずに奥様へ贈与することができます。
Ⅱ 住宅取得等資金についての非課税
Q.長男が、結婚を予定しており、それに伴いマンションの購入を計画しています。購入にあたり、父親としていくらか資金援助をしてあげたいのですが、贈与税のことが気になります。親子間の住宅購入のための贈与については、何か特例があるのでしょうか?
直系尊属からの住宅取得等資金の贈与について、平成27年から平成31年6月30日の間、非課税の特例があります。省エネルギー性又は耐震性を備えた良質な住宅については、平成32年3月までの贈与であれば1200万円の特別枠が用意されています。また、相続時精算課税制度も利用できます。
Ⅲ 非上場株式等について、贈与税の納税猶予制度
Q.私は中小企業のオーナー経営者です。このたび、後継者である長男に非上場株式を贈与しようと思っていますが、贈与税のことが気になります。後継者である長男に非上場株式を贈与する場合に何かよい方法はありませんか?
一定の要件を満たす非上場株式等の贈与については、贈与税の納税猶予制度の適用が受けられます。
Ⅳ 生活費・教育資金の仕送りに対する贈与税の課税
Q.私は、大阪で大学に通っている息子に家賃・生活費・学費などで毎月25万円ほど仕送りをしています。年額にすると300万円程度になるのですが贈与税の課税の対象にはならないでしょうか?また、4年分として約1000万円を一括して送った場合はどうでしょうか?
親が別に暮らしている子供に、生活費や教育費などを仕送りしている場合には、その仕送りしている金額が通常必要と認められるものであれば贈与税の課税の対象とはなりません。
事務所名 中森・荒井税理士法人
事務所所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル8階
(1階三井住友銀行)
アクセス JR 地下鉄 東武東上線 池袋駅より徒歩1分
西武池袋線 池袋駅より徒歩5分
TEL 03-3971-2360(大代表) 03-5957-1388(代表)
FAX 03-3971-2362(大代表) 03-5957-1389(代表)
お問合わせメールアドレス info@na-tax.jp