製造原価報告書とは

製造業が当期間に製造した製品の製造原価を記入した計算書類のこと
製造原価報告書とは、製造業が当期間に製造した製品の製造原価を記入した計算書類のことで、財務書表の一つとして損益計算書の添付書類となるものです。材料費、労務費、経費がどれくらいかかって当期の製品を製造できたのかが分かるようになっています。
財務諸表等規則において、損益計算書の添付書類といての作成は義務となっていますが、作成様式についての規定は特に規定がされていません。
製造原価報告書の目的
製造業は商品販売業と異なり、企業内部で製品を製造して販売するので、製造した製品原価の計算も行う必要があります。 この計算過程を示すために作成されるのが製造原価報告書となるのです。
それらを確認しながら、当期の製品売上に対応する売上原価を算定することが大切になってきます。
事務所名 中森・荒井税理士法人
事務所所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル8階
(1階三井住友銀行)
アクセス JR 地下鉄 東武東上線 池袋駅より徒歩1分
西武池袋線 池袋駅より徒歩5分
TEL 03-3971-2360(大代表) 03-5957-1388(代表)
FAX 03-3971-2362(大代表) 03-5957-1389(代表)
お問合わせメールアドレス info@na-tax.jp