スタッフブログ

芸術の秋、再び。

まだまだ残暑厳しき9月、一足先に芸術の秋を楽しんで参りました。

夏を思わせる暑さにめげず(本当に暑かった……)、ミュージカル鑑賞です。

 

『Phantom of the Opera by Ken Hill』(ケン・ヒル版オペラ座の怪人)。

ガストン・ルルー著『オペラ座の怪人』を初めてミュージカル化した作品の、5年振り6度目の日本公演になります。

 

こちらの作品、大学時代にも鑑賞したことがあります。あるシーンが印象深く、いまだに忘れられない作品です。

再来日の報を受け取った時は、懐かしさと元々好きな作品ということもあり、行くことを即決しそうになったのですが。ちょっと待て、と一旦踏み止まりました。この公演日程の後にも、別のコンサートに行く予定があったのです。

日程は被らないから大丈夫、でもお財布事情……(切実)。

結局どうしても諦めきれず、チケット購入に至ったのですけどね!(未来の私、がんばれ。←無責任。)

 

折角ならと、舞台好きの大学時代からの友人を誘って行って参りました。

そして、その友人も大学時代に見たことがあると言い、「多分、一緒に見たんだと思う」との談。私はすっかり同行者の記憶を失っておりました……(^^;

二人して、実に○○年振りに、同じ作品を同じ相手と見に行くという、奇跡的な出来事。

長く生きていれば、そんなこともあるよね――と、若干遠い目になりました(笑)。

 

一度目に見た時に印象深く残っていたシーンは、今回も無事にありました。演出の変更でなくなるかと懸念しておりましたが、再び見ることができて感無量です。少々興奮気味に友人へ語ってしまいました。

友人も楽しんでくれたので、誘ってよかったです。

次回来日した際にもこの友人を誘い、また見に行きたいと思います。

 

芸術の秋も深まって参りました。

皆様も芸術の分野を問わず、出掛けてみてはいかがでしょうか。

何年も前に出会った作品に、期せずして再会できる奇跡が起きるかもしれません。

 

Y

 

 

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり

今日は9月に訪れた季節を感じるひと時をご紹介。

曼珠沙華は、秋のお彼岸の時期に咲く事から彼岸花とも呼ばれています。

今回訪れたのは埼玉県幸手市にある権現堂公園。

彼岸花約350万本の真っ赤な絨毯は、圧巻です!

こうした景色を見て季節が変わるのは、あっという間だな~と改めて実感・・・(しみじみ)。

皆さんも過ごしやすくなるこの時期に、是非秋を感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり  曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり

石川

お墓参り

先日、祖父母のお墓参りに行きました。かれこれ15年ぶりだったので、お墓がどこにあるか分からず、迷子になってしまいました。お寺に尋ねてことなきを得ましたが、調べるのは大変そうでした。

古いお墓だったこともあるのでしょう、場所を調べるのに古文書みたいなもので照合して、案内してくれました。

帰りがけに、最近増設されたらしい墓地の区画を通りました。横長の石の、明るめグレーの今時のお墓ばかりでした。整然と並んでいて、場所も探しやすそうです。最近は○○家と彫るより、心とか絆とか、メッセージのものが多いんだなと感じました。

せっかく場所が分かったので、近いうちまたお墓参りに行こうと思いました。お寺のみなさん、その節はお世話になり、ありがとうございました。

夏祭り

毎年、地元の夏祭りに参加しております。

地元のお祭りでは、よさこい踊りが盛んでチームごとに競い合います。

息子が通っている保育園でもよさこいのチームとして

毎年出場してます。

今年は、年長と言う事もあり最後の年でした。やる気満々で家族参加しました(私はカメラマンです)

子供の部で見事、【特別賞】を頂き授賞式では市長から表彰状を頂きました!

壇上に上がっても両手を広げてこちらに向かってニッコリ・・・緊張の欠片もない息子に

大きくなったな~と感心致しました。

 

夏祭り

M・S

 

 

戸籍から家系図作成

戸籍とは家族の関係や、続柄、本籍地等が記載された公文書です。本籍地の市区町村に保管されています。
結婚した時に使う「籍を入れる」という慣用句はこの戸籍に入ることからきています。

 

タイトルの件ですが、高校の時に戦国武将や藤原氏の家系図にあこがれて、一度家系図を作ってみたい
時期がありました。当時調べた限りでは、行政書士に頼んで総額5万円などのサイトしか見つからなかったので
あきらめて忘れていたのですが、相続税の申告等で戸籍に接することが増えもう一度調べてみると
自分でもできることがわかりました。各市区町村のサイトに戸籍の請求の様式があり郵送でも請求できます。

注意点は下記です。

 

・親族でも直系以外(叔父、叔母等)の戸籍取得には委任状が必要
・手数料は定額小為替でのみ支払える

 

定額小為替は法律上郵便局しか販売できないらしく、営業時間内に
窓口に行かなければりません。

 

具体的に私が行った手順は下記です。
父(と私)は現在の本籍地はA市ですが、もともとは父は父の実家であるB市が本籍地でした。
その場合、A市でとった父が戸主の戸籍を取ると、結婚して祖父の戸籍から抜けたと同時にB市からA市へ
転籍ということがわかったので、次にそのA市の戸籍のコピーを添付して(直系であることを示すため)、B市へ請求します。
私の一族はかなり昔からB市に住んでいたことは聞いていたので、どんな家系の構成になっているのか、
何代先まで保管されているのかわかりませんでした。そうすると手数料の金額がわからないので、いったん
「家計調査をしたいので、直系尊属遡れるまで遡ってください」と余白に書き、B市に送りました。
すると、1週間ほどで、電話がかかってきて金額を教えていただいたので、その金額の小為替を購入しB市へ送りました。
無事請求が完了し、自宅へ戸籍謄本が届きました。すべて手書きでしたので、読み解きにくいですが、
5代先までの先祖の名前がわかりました。私はその人の来孫という続柄になります。
生年月日は4代先の祖父までしかわからなかったのですが、安政4年(1857年)生まれとのことで、
安政の大獄の1年前に生まれたことになります。費用としては1万円ほどだったと思います。

興味本位で初めて見たことですが、勉強にもなりましたし、単純に戸籍たどっていき新たなこと
(私の清水という姓は曾祖父が養子に入ってもらった姓であることなど)
がわかっていくという作業は面白かったです。ぜひ、興味がありましたらやってみてはいかがでしょうか。

清水

最近の投稿