スタッフブログ

家庭菜園はじめました

最近、おうち時間を楽しむために、念願の家庭菜園を始めてみました。

狭いベランダの小さなプランターに、大葉とバジルの「種」を蒔きました。嬉しくなって実家の母や友人に報告したところ、まさかの「え?普通苗を買うんじゃないの?」という言葉が。

、、、苗は思いもつきませんでした。調べてみるとやっぱり、初心者には苗が良いようです。収穫までちゃんと育てられるのか、そもそも芽はでるのか?と不安になりながら毎日観察していると、、、

小さな芽がでてきました!おうち時間のなかで、この芽の成長を見ると、とっても癒されます。収穫まではまだまだ道のりが長そうですが、早く食べたいなぁ、という毎日です。

家庭菜園はじめました

A・T

動物や植物の力

自粛ムードが続いておりますが、皆様はお家でいかがお過ごしでしょうか?

最近は、外出自粛でもお家で楽しめることが増えてきて、夕方の報道番組などでも、いろいろな方の様々なお家の過ごし方が放送されていると思います。

そんな中、このコロナ禍でヒヨコの需要が上がっているという話題をご存じでしょうか?

これは日本の話ではなく、アメリカでの話なのですが、アメリカの方には、厳しい局面に置かれると「鶏」が欲しくなるという不思議な心理があるようで、今回のこのコロナの時期だけでなく、株式市場が低迷した時や、大統領選の年などにもヒヨコの売り上げが上がるそうなんです。とても興味深い話だと思います。

今回コロナの影響でヒヨコの需要が増えた背景で、理由が大きく分けて3つあるそうです。

一つ目は、食料源の確保。二つ目は、社会的孤立を癒すため。基本がこの理由みたいなのですが、3つ目として、弱いものを愛でて守りたいという思いから、「庇護欲」が掻き立てられるそうなんです。

これはヒヨコに限った話ではないと思います。私も家にうさぎやハムスターがいますが、彼らは日々癒してくれる大事な存在です。

動物だけでなく、お花やサボテンなどの植物がひとつ部屋にあるだけでも、だいぶ雰囲気が変わると思います。外出自粛が続いている中で、興味のある方はぜひリラックスの目的として取り入れられてみてはいかがでしょうか。

ISS

つい先日、ISS(国際宇宙ステーション)の観測日和(天気も時間も、見える角度もちょうどよい)とのことで、通過する時間に空を見上げました。

 

公園などへ行かないと見えないかも、でもステイホームも必要だし…とも思いましたが、方角を確認するとちょうど自宅からでも見えそうでした。

ISSは二等星くらいの明るさだそうですが、念のため部屋の照明を消し、窓を開けて空を見上げて、ちょっとわくわくしながら通過時間を迎えました。

 

結構な速さで遥か上空を横切っていきます。

横切る流れ星のように見えますが、中に人がいるんだなと思うと不思議な気持ちです。

5分くらいで見えなくなりました。

見えなくなるころに思わず手を振っていました。

見落とさないかちょっと不安もありましたが、無事に見られてよかったです。

 

JAXAのホームページを見ると、実はISSは結構な頻度で日本上空を通過していることがわかります。

ただ、時間や角度などの条件から観測できる機会は限られそうです。ホームページには地域ごとに何時から、どの方角から、どれくらいの角度で観測できるか掲載されています。

条件が合えば、こんな風にご自宅からも見ることができます。

 

天気の良い日にときどき夜空を見上げてみるのもいいかも、と思った出来事でした。

 

K.T.

緊急事態宣言

緊急事態である

6月に義父の法事が控えている
3月からジムに通ってワンサイズダウンのつもりだった

そこにこのコロナ騒動である

体重減らない、現状維持もままならない
いわゆる『コロナ太り』である

礼服が入らないじゃないか💦

なのに テレワークの息抜きに 甘味に手が出る

夫と息子に注意される

糖分自粛警察パトロール中

緊急事態である

S.U

新しい生活様式

昨日のコロナウイルスの新規感染者数は東京都では5名、大阪府は2か月振りに0と発表がありました。緊急事態宣言が解除されれば、すぐにもとの生活に戻れるかと思っていましたが、様々な現状を目の当たりにすると、宣言が解除されたとしても以前と同じ生活に戻ることは難しく、新しい生活様式への対応が求められることになりそうです。

私が通うスポーツクラブでは、3月初旬からスタジオレッスンが行われなくなり、ネットによる予約制となり、緊急事態宣言後はクラブ自体が完全閉鎖となりました。緊急事態宣言が解除されれば、予約制は再開されることになるかと思います。以前は、開始時間までに行けば、混んでいても自由にクラスに参加でき、和気あいあいと運動ができたことが当たり前であったことを懐かしく思います。

また、毎月楽しみにしていた、NHK交響楽団の定期演奏会も4月から公演中止となり、次回開催は9月以降の予定です。オーケストラの人数は曲目によって違いますが、平均すると50~80名位、ステージ上の演奏者の間隔や観客同士の距離の確保、換気のためホールの扉や窓の開放となるとコンサートそのものが成立しそうもありません。当分、オーケストラの演奏を聴くことは難しいかと思うと本当に寂しい気持ちになります。

ピアノのレッスンを月に2回、自宅で受けていましたが、今はお休みをしています。今後どのように再開するかは未定ですが、以前通っていたヤマハ音楽教室のホームページをみていたら、6月からインターネットを介して自宅でレッスンを受講できる「ヤマハオンラインレッスン」を実施することになったと掲載されていました。

テレワークを含め新しい生活様式に急に対応しなければならなくなり、頭も体も気持ちもついていけなさそうですが、自分なりに工夫をして少しずつでも居心地のいい生活を見つけていきたいと思っています。

最近の投稿